スポンサードリンク

オリーブ葉エキスの効果

抗菌・抗ウィルス作用があり、これによる感染症のほとんどに効用がある。肝炎などにもよく、最近問題になっている抗生物質の使いすぎMRSA(メチルシン耐性黄色ブドウ球菌)を抑えられる。免疫療法、とくにガン治療に使われる。

インフルエンザ、おたふくカゼ、ヘルペス、ピロリ菌、肝炎、単核球症、レトロウイルス感染症、ロタウイルス感染症、性感染症、EBウイルス感染症、気管支炎、ブドウ球菌食中毒、膀胱・尿路感染症、結膜炎、麻疹、腸チフス、中耳炎、クラミジア、破傷風、百日咳、カンジダ症、ポリオ、風疹、トリコモナス症、リウマチ熱、水虫

オリーブオイルで有名なオリーブの葉は、ヨーロッパでは古くから健康維持に役立てられてきました。オリーブ葉の有効成分のオレウロペインは強い抗酸化物質で、抗菌や免疫力を高めてくれます。またオリーブ葉に含まれている不飽和脂肪酸のオレイン酸は、血液中のLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪を捕らえて体内から排除してくれます。その他オリーブ葉は、抗炎症作用や胃潰瘍の予防などの効果があります。

オリーブ葉オレウロペインの効果

オレイン酸の働きで最もよく知られているのは、血液中のLDL(悪玉)コレステロールを除いて動脈効果や心臓病、高血圧を予防することです。また、胃酸の分泌をコントロールして胃酸過多や胃潰瘍を防ぐ、腸を滑らかにして便秘を予防、解消する、放射線の害を防ぐなどの効果も認められています。

オリーブ葉エレノル酸の効果

オリーブ葉に含まれるエレノル酸はバクテリアやウィルスの成長を抑える効果が、繰り返し研究されて、有効性が示されている。カリフォルニアの医師、プライヴァテラ医学博士は、慢性のウィルス性、バクテリア性感染症患者に対するオリーブ葉のエレノル酸の効果について研究しています。患者の多くはそれまで抗生物質治療の効果を得られていませんでしたが、オリーブの葉抽出物で完治したというのです。博士の発見によりますと、オリーブの葉抽出物はヘルペスや膀胱感染症、菌感染症など、一般的な薬物治療に耐性がある感染症に効果があり、頑固な酵母菌感染症であるカンジダ膣炎には特に効果があつたそうです。また、HIV(エイズ)患者にオリーブの葉抽出物を与えたところ、免疫機能が向上し、免疫細胞のT細胞が増加したということです。これらの効果はオリーブの葉抽出物に含まれる、エレノル酸によるものと考えられます。またうさぎ、ラット、マウス、犬、ヒトに対して短期・長期に大量経口投与により、エレノル酸の安全性は証明されています。

オリーブ葉エキスのHIV治療効果

エイズを引き起こすウィルスであるHIVに直接働きかけて、消滅させます。アメリカでオリーブの葉エキスを飲んでいたエイズ患者の血液中HIVが、5万8000から2週間でほとんど見られなくなったという報告もされています。

スポンサードリンク